富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

病棟紹介

3階病棟

 3階病棟は50床を有する回復期病棟です。毎日のカンファレンスでは患者様を入院から在宅生活へとスムーズに繋げるよう専門性を活かした意見交換を行い、職種毎にテーマを決めてミニレクチャーを2回/月行うなど学習の機会も組み入れています。看護では2年目となったPNSは選考会で選んだパートナーとともに副師長がリーダーの4つの島を結成し、島ごとの目標設定を可視化し、質の高いケアの提供を目指した看護活動を行っています。

4階病棟

 患者さんが1日でも早く、住み慣れた場所で生活できるように、専従医師・社会福祉士やリハビリスタッフと共にチーム医療に取り組み患者さんに合わせた支援をしています。
 4階病棟は、特にレクリエーションに力を入れており、夕食後のナイトレクリエーションでは、日替わりで内容も違い患者さんの楽しみの1つになっています。また生活のリズムを整える効果もでています。患者さんの笑顔が増えてくるのが実感でき、ケアすることがとても楽しく感じています。

5階病棟

 5階病棟は整形外科・内科・神経内科・リハビリテーション科が混合の一般病棟です。
ナースは整形外科チームと神経内科・内科チームの2チームでそれぞれの専門性を発揮し、安全・安心な看護を実践しています。
整形外科チームはクリニカルパスを導入中で、手の手術や手足の骨折手術の患者さんが多く、術後早期にリハビリを行い元気に退院できるようケアをしています。内科チームは患者さんの全身状態を整え、多職種スタッフと共同しながらご家族様とのコミュニケーションを大切にしケアを実践しています。
パートナーシップナーシングシステムや2交替ミックスを実施し、ワークライフバランスに取り組んでいます。

こども棟

 こども棟は、52床を有し重度重複児棟と肢体不自由児棟をワンフロアーで運用しています。森の小道や動物のアートに囲まれ木のぬくもりを感じる空間、魚が泳ぐ浴室等子供らしい空間が広がっています。サテライトキッチンでは、子供の摂食状態に合わせた形態の食事を提供しています。呼吸・姿勢・栄養管理等医療ケアの必要な子供達が多く、多職種と連携し個々の発達段階・障害の程度に応じた支援をしています。また、日中一時預かり、短期入所等により在宅支援を行っています。

外来

 外来では、

  1. リハビリテーションが必要な患者さんが安心してリハビリテーションが受けられるよう、入院生活の説明や診察の介助を行います。
  2. 入院中の患者さんにリハビリテーションがスムーズに進むように各科で体調の相談をしています。看護師は、患者さんが診察や検査を不安なく受け入れられるようサポートします。
  3. 退院後の患者さんには、満足度の高い生活が送られるよう、患者さんや御家族が安心して診療が受けられるよう支援します。

中央材料室・手術室

 中央材料室・手術室は、診療材料や滅菌物品を提供する役割と、手術業務を行っています。手術は、整形外科・小児整形外科が中心です。整形外科では、手根管症候群、ばね指、肘部管症候群、骨折、外反母趾など、小児整形外科では、身体障害児の内反足、股関節脱臼、骨形成不全などの手術が特徴的です。