富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

委員会活動

教育推進委員会

目的
  1. リハビリテーション病院・こども支援センターにおける専門性の高い看護を提供できる看護師・介護福祉士を育成する
  2. 質の高い看護を提供するための看護実践能力に優れた看護師を育成する
目標
  1. 新任看護職員が自主性を持ち、能力を充分発揮でき看護感を確立することができる
  2. 2~7年目看護師・介護福祉士がチームメンバーとして、必要な知識技術を習得し、チーム医療が実践できる
  3. 看護の専門性を高めるため、クリニカルラダーに沿って看護実践能力を養い、資質の向上を図る
  4. 専門性の高い看護を習得し看護師・介護福祉士としてのスキルアップができる
  5. 主任・副師長看護師がリハビリテーション病院の主軸となり、リハマインドを高め、看護の質向上に努めることができる
  6. 看護補助者としてチームの一員としての役割を理解し、必要な知識・技術技術を習得できる
対象者 研修計画
入職2年~10年目研修 メンバーシップ・リーダーシップ・コーディネーター研修
新任看護職員教育責任者研修 プリセプター・教育担当責任者研修
看護実践研修 呼吸器・輸液ポンプ・リハ看護研修・研修会後報告会
主任・副師長研修 管理研修
看護補助者・助手研修 感染対策・医療安全・倫理研修
新任看護職員研修

看護安全委員会

 私たちは、看護職員が医療安全に関する意識を高め、安全行動ができるよう活動しています。
 具体的な活動内容は、医療安全推進室と協働しながら「指差し呼称確認動作の推進」「転倒・転落防止対策」「与薬・配薬に関すること」「ラウンド及び6S活動の推進」の4つの枠組みです。
 安全に内服薬のセットや注射の実践ができるように看護手順委員会と協力して手順を作成して手順を修正し、手順通りに実施できるよう研修会を行っています。また、転倒防止対策では、センサーや安全ベルト等を使用している患者さんについて、看護倫理委員会と協力で抑制カンファレンスを定期的に実施しています。そして、「整理」「整頓」「清潔」「清掃」「躾」に〈安全(safety)〉を加えて6S活動をしています。

  • アンドロイド使用
    アンドロイド使用
  • 指差し呼称の研修
    指差し呼称の研修
  • ピクトグラム
    ピクトグラム

看護基準・手順委員会

 安全・安心な看護・リハビリマインド溢れる看護を提供するために、看護手順・基準の見直し・作成を行っています。各病棟オリジナルルールとならないように、また正しい知識の確認のために、「看護基準手順の読もう月間」を設けています。読もう月間では数人のグループをつくり、読み合わせをします。
 「看護基準・手順」、「読もう月間」をしています。

読もう月間
読もう月間

看護記録委員会

 当委員会では、根拠(エビデンス)のある看護実践と記録の標準化を目指して活動しています。
活動内容は、④電子カルテに合わせた看護記録マニュアルの作成、①電子カルテを用いたNANDA看護診断・NIC・NOCを活用した看護過程に関する研修会、②看護記録の形式・質の監査、③看護必要度および日常生活機能評価の研修会と評価テスト(年2回)などを行っています。

看護倫理委員会

 看護倫理委員会では、看護職員が倫理的感性を身に着け、倫理的問題が解決できる手段を考え選択できるよう、倫理カンファレンスや研修会を開催したり、看護倫理に関するかわらばんを発行しています。
 人はみんな、自分らしく悔いのない生涯を送りたいと願うものですが、病院での入院生活は自分の価値観に沿わないこともあると考えます。私達は、患者さんの人権を守り、その人らしく生活できるように援助を行うことを第一に考え今後も活動をしています。
 看護倫理が身近な存在となるように、委員会で、「りんりん」というマスコットキャラクターを作りました。

  • 看護倫理委員会のキャラクター
    看護倫理委員会のキャラクター
    「りんりん」です
  • 倫理委員会
    倫理研修
  • 倫理委員会
    倫理研修

看護研究委員会

 看護研究委員会は、看護研究とケーススタディの二本立てで活動しています。
 研究の指導に外部講師を招き、研修会を開催しています。研究のアドバイスをいただき、院内研究・院外研究と、発表までサポートしています。サポート体制の充実で安心して研究に取り組むことができます。
 入職2年目の看護師には、先輩看護師と共に、自分の担当した患者さんの看護を振り返り、ケースとしてまとめ発表して、看護師としての資質を磨いていく事が出来ます。
 研究やケーススタディを通して、専門職として研究的視点を持ち、創造性豊かな看護を実践できるように活動しています。

2年目ケーススタディの発表会
2年目ケーススタディの発表会

サービス向上委員会

 看護師、介護福祉士、看護補助者の技術と知識を高め、患者・ご家族・地域住民へ心の癒しとリハビリ意欲の向上を図るために、活動しています。

  1. 介護・家族教室について: 入院患者家族に、移乗動作やオムツ交換方法などの日常生活動作の指導を行っています。5月には看護の日のイベントとし「ふれあい介護体験(公開講座)」を開催し、脳卒中の基礎、オムツの選び方・使い方の講義と体験を行っています。
  2. 院内行事: 季節の行事として、七夕会・クリスマス会を、地域の方々の協力を得てヒーリングコンサートを不定期に開催しています。七夕会では小学生によるチアリーディング、クリスマス会では高校生の吹奏楽、合唱部によるコーラスなどを催しています。
  3. 院内の統一したオムツ供給について: オムツからの漏れやそれによる更衣など患者の負担軽減と、褥瘡予防などを目的とし院内で統一したオムツを導入し、使用方法を統一し排泄ケアを行える活動しています。
  4. 腰痛予防について: 移乗や患者介助による、腰痛や頚腕神経症予防のために、介護用具(リフト、ボード、スライディングシートなど)の導入と正しい使用方法の指導を行っています。

ふれあい介護体験(公開講座)ふれあい介護体験(公開講座)ふれあい介護体験(公開講座)
ふれあい介護体験(公開講座)

七夕会
七夕会
七夕会(チアリーディング)
七夕会(チアリーディング)
クリスマス会
クリスマス会
(富山商業高校生によるブラスバンド演奏)