富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

看護局の特色

多職種との連携

 より良い医療・リハビリテーションを行うために、チームで話し合いをします。

  • ・入院され1週間を目安に行う初期カンファレンス
  • ・1ヶ月毎の、リハビリの進捗状況を確認する定期カンファレンス
  • ・抑制解除に向けたカンファレンス
  • ・倫理カンファレンス  などを行っています。

 チームで話し合うことで、統一した関わりができます。またそれぞれの専門職の立場からの意見・アイディアを聞くことができます。看護師は、患者さんやご家族の思い・気持ちの代弁者として、スタッフに意見を伝えるようにしています。
カンファレンスで話し合ったことは、患者さん・ご家族の方に、病状説明等で伝えています。

初期カンファレンス
初期カンファレンス

地域との連携

 「住み慣れた土地で患者さんらしく生活するため」に、退院が間近になった頃に、ケア会議を行います。患者さん、ご家族、地域のサービス提供者(訪問診療医・ケアマネージャ・訪問看護師・訪問介護・利用するディサービスの方など)、当院の医師・看護師・セラピスト・ソーシャルワーカーが参加します。患者さんやご家族の方が、安心して在宅で生活できるようにするために、この会議は行われます。

 医療的処置(インスリン注射・吸痰・経腸栄養・導尿など)の必要な患者さんも多く、患者さんやご家族の方に看護師から指導を行います。

ケア会議
ケア会議

パートナーシップ ナーシング システム (PNS)について

 当院の看護部では新看護方式PNS(Partnership Nursing System)を実践しています。
PNSを行うことにより、リハビリテーション看護の精神が育まれ、多職種とのチーム力も高まり、患者さんに寄り添った質の高い看護や退院支援を可能にしています。

 PNSを行なうことで、患者さんに一人ではなく2人で関わることができるため、患者さんに安全で個別性のある質の高い看護が提供できます。また、新任者や異動など新しい環境で働く場合もペアで業務を行なうことで、わからないことをすぐに聞ける体制であり、働きやすい職場環境をなっています。


パートナーシップで情報交換

指差し呼称

 指差し呼称に力をいれています。指差し呼称は、旧国鉄職員が点検箇所を指差し「◯◯よし」と声に出す安全動作に習ったものです。私達も「患者様の安全を守る看護師になる」という目的のために行っています。「確認」と言うタイミングで、耳の所から目的のものに向かって、人差し指を振り落とします。正確な指差し呼称をするためにアンドロイド(パソコンで動作を解析)を使用して練習します。
 安全な看護を提供するために、注射・配薬・食事の配膳などの際には間違えがおこらないように、名前をフルネームで確認しています。


点滴の確認中

環境整備の取り組み

 院内感染対策委員会の下部組織としてICT(感染対策チーム)が設置されて10年が経過します。院内の感染対策推進のために、年に一度は寸劇での研修会を開催することをモットー?にICTメンバーは活動しています。医療関連感染において多い伝播経路の一つに、汚染された環境、手指、手袋を介した間接接触感染があげられます。そのため、医療施設内の環境整備は、微生物の供給源になることを防ぐことが重要であり、環境消毒ではなく、清浄化を目的とした高頻度接触面の清掃が有効となります。そこで平成24年度から開始した環境整備は、今ではすっかり定着しています。

環境整備
環境整備

入院前患者訪問

 平成28年4月より7病院に入院前患者訪問に行っています。この取り組みにより病院スタッフ同士が、より円滑な情報交換や共有が出来るようになりました。また急性期病院から当院へ転院する患者さんやご家族は、急な発症・受傷によりストレスフルな環境にあり、大きな不安があると思います。転院にあたり思いやご希望を傾聴するよう心がけ、少しでも不安を軽減できるよう関わっています。患者さん・ご家族より、退院される際に「すごく安心して入院でき、その後も良いリハビリをしてもらって。良い病院ですね。」とのお言葉をいただきました。今後も患者さんやご家族の思いやご希望を聴きながら、不安を少しでも軽減でき、転院直後から退院後の生活を想定した患者さん中心のリハビリテーション医療が提供出来るよう、また切れ目ない看護が提供できるよう努めていきます。


私たちがうかがいます!

口腔ケア

 「口腔ケア」とは、「お口の手入れ」のことです。口腔ケアを行うことでさまざまな効果が得られます。お口の中を清潔に保つことで、誤嚥性肺炎の発症を予防することができます。また、お口の中を刺激することで脳の活性化につながります。そして、最大の目的は、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を高め、口腔から全身の健康維持をすることです。ご自分の口で食事を食べる、好きなことを話す、元気に笑うためには、健康なお口の状態が大切です。
 当院では、歯科医師、歯科衛生士、看護師などさまざまな職種で患者様の口腔内を観察しています。そして、患者様に応じた口腔ケアの指導や治療、義歯の調整などを行っています。これからも、多くの患者さんの笑顔を見ることができるよう努めていきたいと思います。

口腔ケア
口腔ケア

ワークライフバランス(WLB)

 2014年より富山県看護協会のWLB推進ワークショップに参加し、WLB推進に取り組んでいます。日本海側随一といわれるリハビリテーションを提供できる病院を目標に、職員が生き生きと働ける職場づくりをしています。具体的にはWLBの啓蒙活動、長期休暇の取得促進、時間外労働の削減、夜勤形態の調整、育児・介護の支援体制づくり、希望が持てる職場づくりなどを行っています。
 一例として、二交替・三交替夜勤形態の選択や、年1回5連休以上(最長7日)の長期休暇の取得ができるようになりました。また、看護局長と語る会を定期開催しており、風通しの良い職場づくりにも取り組んでいます。
 これからもWLB推進活動を継続し、働きやすい職場づくりをしていくことで職員が高いモチベーションを持ち、より良い医療を提供できる病院にしていきます。

看護局長と語る会
看護局長と語る会
応援コメントを述べる院長
応援コメントを述べる院長