富山県リハビリテーション病院・こども支援センター

076-438-2233

  • 文字サイズ

富山リハビリテーション病院・こども支援センター

富山県リハビリテーション病院こども支援センター

ナビボタン

薬剤部

薬剤部の紹介

薬剤部では、現在7名の薬剤師と3名の事務員が業務を行っています。
患者様がより良い薬物治療が受けられるために業務に取り組んでいます。
また、チーム医療では、薬の専門家として活躍しています。

薬剤部の業務

調剤業務:医師の処方箋に基づいて薬を調合していきます。処方箋に疑義があれば、処方をした医師へ問い合わせをします。安心・安全な薬をお届けできるよう努めています。

お薬をお渡しできるまでの流れ
医師による処方入力
   
処方監査
薬の用法用量、アレルギー、飲み合わせをチエック。問題があれば、医師へ問い合わせる。
   
     
処方箋出力 お薬説明書、お薬手帳作成
     
調剤    
     
正しく調剤されていることを確認    
     
   
窓口でお渡し

当院は院外処方箋も発行しており、外来患者様にはかかりつけ薬局をもつことを推進しています。

院外処方の良いところ
  • かかりつけ薬局を持つことで、複数の病院で処方された薬がチェックされ、薬の飲み合わせや、重複して飲む危険性が防げます。
  • 自宅や職場、あるいは、通り道にある薬局からもらうこともでき、ロスタイムが少なくなります。
  • 多数ある後発薬品の選択ができます。

かかりつけ薬局をもつことは、医薬分業を推進している厚生労働省の基本政策でもあります。

製剤業務:治療に必要であるが、市販されていない薬を調製しています。医療現場の多様なニーズに対応しています。

DI業務:常に新しくなる薬の情報を、医療スタッフに提供しています。

医薬品管理業務:医薬品の品質・安全を常に保ち、適正な在庫管理を行っています。

注射薬個人セット業務:注射箋に基づいて入院患者様の1日分の注射薬を1回ずつセットし、各病棟に払い出します。投与量・投与速度・2種以上を混ぜ合わせても問題がないことも確認しています。

治験業務 :新薬の開発には、効果や毒性を調べるための動物実験後に、人での有効性・安全性・副作用を確認しなければいけません。治験とは、薬として使われるようになるための最終段階の臨床試験のことをいいます。治験に参加された患者様の人権・安全は最大限に尊重され、秘密は厳守されます。

病棟薬剤業務:当院では、全ての病棟に専任の薬剤師を1名配置しています。
患者様が入院前から服用されている薬を調べますので、お薬手帳と一緒に必ず入院時に薬を提出してください。副作用が出ていないか、飲み合わせや、飲んでいる量に問題は無いか、重複して飲まれていないかなどを確認いたします。手術のためや、検査結果次第では、中止となる薬もあります。アレルギーを起こしたことのある薬や健康食品、喫煙・飲酒等の情報も収集します。医師・看護師など、医療スタッフ間で情報を共有し、薬物療法についての提案をしていきます。
医療スタッフからの相談に応じています。患者様に合った安心・安全な医療を提供するため、チーム医療を推進し、活躍しています。

薬剤管理指導業務:入院患者様の元へ伺い、薬の説明を行います。薬について理解が深まることで、より効果的な薬物治療を行うことができます。患者様との良いコミュニケーションが副作用の早期発見や薬物治療の提案につながります。
退院時は、退院指導を行います。退院後も正しい服薬で適切な薬物治療が継続できるよう、家族を含めて指導いたします。

当院では、退院後も正しい服薬管理を続けていただきたいという思いから、多職種と連携して一人ひとりに合わせた服薬管理を指導しています。

  1. 入院時、薬は食堂で配ります。
  2. 入院生活に慣れてこられた頃、飲み薬を患者様ご自身で管理(自己管理)していただくかどうかを検討します。
  3. 自己管理をしていくことが決まったら、まずは1日分の管理からスタートします。
  4. 4. 問題なければ、3日分と日数を増やし、最終的には7日分を管理していきます。

お薬カレンダー

服薬自己管理の流れ

富山県リハビリテーション支援センター
こどもヒーリングギャラリー
ありがとうコーナー
富山県発達障害者支援センターほっぷ
高次脳機能障害支援センター