富山県リハビリテーション病院・こども支援センター

076-438-2233

  • 文字サイズ

富山リハビリテーション病院・こども支援センター

富山県リハビリテーション病院こども支援センター

ナビボタン

地域医療福祉連携室
-より良い医療・リハビリテーションを皆さまと一緒に-

□地域医療福祉連携室について

  1. 県民のみなさんや医療関係者の方から、リハビリテーションや入院・外来に関するご相談を承ります。
  2. 患者さんや家族の方が、社会復帰や健康の維持ができるように関係各機関との連絡調整をし、地域との援助体制を整え退院支援をしています。
  3. 富山脳卒中地域連携パス、とやま大腿骨頚部転子部骨折地域連携パスを使用して、前方・後方病院との切れ目ない連携をしています。
  4. 協力病院・施設との地域連携に関する情報交換や勉強会、検討会などを開催しています。

□医療機関・施設関係者の方へ

当院に患者さんをご紹介される場合は、地域医療福祉連携室までご相談ください。

[入院の対象となる患者さん]
 ●急性期治療が終了し、リハビリテーションが必要な方
 ●1.5次救急で搬送され、入院治療が必要と判断された方
 ●外来を受診され、入院治療が必要と判断された方
 ●在宅難病患者一時入院事業(レスパイト入院)を利用される方
 ●「入所児調整会議」で入所適応と判断されたお子さん

[入院をお受けできない場合]
 ●遷延性意識障害のため、回復の可能性が見込めない場合
 ●重度の認知症があり、入院生活ができない場合
 ●重度の高次脳機能障害により暴力や暴言があり、他の患者さんや職員に危害を及ぼす場合
 ●重度の心疾患や腎不全(透析が必要)などで当院での医療管理が不可能な場合
 ●重度の感染症や心不全など、急性期治療が優先される場合

□富山脳卒中地域連携パス

富山脳卒中地域連携パスVer.2 手引書(2010版)

富山脳卒中地域連携パスVer.3 H29.4改訂(Excel)

ホームページよりダウンロードできます。ご活用くださいますようお願い申し上げます。

□地域医療福祉連携室だより

地域医療福祉連携室では、当院の診療科や各部署、受診や入院の流れなどの情報を「地域医療福祉連携室だより」として年4回発行しています。下記よりダウンロードしてご覧いただけます。

●1号(2016年1月) ●2号(2016年8月) ●3号(2016年12月) ●4号(2017年3月) ●5号(2017年7月) ●6号(2017年9月)


連携室スタッフ


後列左から中市看護師(副室長)、浦山看護師、平井社会福祉士、斎藤社会福祉士
前列左から廣瀬社会福祉士、荒木事務員、浦野看護師(室長)、堀田事務員



富山県リハビリテーション支援センター
こどもヒーリングギャラリー
ありがとうコーナー
富山県発達障害者支援センターほっぷ
高次脳機能障害支援センター