浦田 彰夫

浦田 彰夫

浦田 彰夫 (うらた あきお)

専門分野
  • リハビリテーション医学
プロフィール(専門医資格等)
  • (社)日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医
  • (社)日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
  • (財)日本障がい者スポーツ協会 障がい者スポーツ医
  • (財)日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • (社)日本医師会認定産業医
主な疾患と治療について

入院時に本人・御家族の意向を踏まえたうえでリハビリ目標を設定し、集中的なリハビリにより速やかに自宅退院につなげています。また、社会生活への復帰を念頭に、運転評価や就労前評価を行い、可能なかぎり元の職場への復帰を目指しています。

ご飯は食べられるし、着替えもできるけれど、手はより細やかな動きを求められることから、動かない辛さを感じている患者さんは多く、富山大学付属病院脳神経外科の医師と当院作業療法士の上肢機能グループとチームを組み、回復期脳血管患者の上肢機能回復にむけ、経頭蓋直流電気刺激(tDCS)を取り入れた先進的な治療を開始しています。
現在は研究段階のため対象となる方の同意をいただいたうえで実施している状況ですが、有効性を証明し当院の標準的な治療のひとつとして確立していきたいと考えています。

診療にあたって心がけていること

退院後も、自宅で過ごす脳血管患者さんの生活期の様々な問題点(装具や車いすの調整や処方、障害年金等の書類の相談など)にも対応しています。
また、障害を持った方自身も地域リハビリの担い手となれるように、その人なりの社会貢献ができる居場所があることが大切だと思っています。