井上 雄吉

井上 雄吉

井上 雄吉 (いのうえ ゆうきち)

専門分野
  • 臨床神経学
  • 内科学
  • 臨床神経生理学
  • 認知神経科学
プロフィール(専門医資格等)
  • 日本神経学会 神経内科指導医・専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医
  • 日本脳卒中学会 専門医
  • 日本リハビリテーション医学会 専門医・臨床認定医
  • 日本臨床神経生理学会 認定医 (脳波および筋電図・神経伝導の両分野)
  • ICD(インフェクション・コントロールドクター)
  • 難病指定医
  • 医学博士
主な疾患と治療について

神経内科の一般的な神経難病の診療はもちろん、磁気刺激装置を導入し、半側空間無視(視野障害)、自発語がスムーズに発することができない非流暢性失語、ジストニアなどの不随意運動、片麻痺(上肢機能の運動失調)、慢性疲労症候群などの改善に活用しています。
また、神経難病の中でもパーキンソン病関連疾患の患者さんが非常に多く、当院ではパーキンソン病専門外来も行っており、認知症を伴うパーキンソン病の患者さんも関連して診ています。
それから、麻痺のつっぱりや痙縮をやわらげることや、顔面の半分だけ痙攣したり、瞬きが強くなったり、首が曲がってしまうなどの不随意運動がおこり困っている患者さんにボツリヌス治療も積極的に行っています。

診療にあたって、心がけていること

患者さんが良くなって喜んでもらえるとやりがいを感じます。神経内科の病気は診断ができても、進行していく病気が多く、治らないところとバランスを保ちながら、治せる部分は積極的に治療するように心がけています。
薬の加減などでも症状が違ってくるので、まず患者さんの話をよく聴くことを大事にしています。そこから予測をたてて、少しでも患者さんのQOL(生活の質)を良くできるようにしたいと思っています。
そして将来、神経難病の原因が解明され根治療法が見つかる可能性もあるので、それを叶えるために、今後も研究を続けていく必要があると思って取組むようにしています。