富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

認定看護師の活動について

感染管理認定看護師

 感染管理認定看護師の吉岡です。以前から「感染を極めたい」と思い、2011年に感染管理認定看護師教育課程に入学しました。好きな感染について知識が深められましたし、何よりも同じ目標を持ったかけがえのない仲間ができたことが一番の収穫です。2012年に晴れて認定看護師に合格してからは、環境整備・ICTニュースや感染症トピックスの配布・ノロウイルスやインフルエンザ患者の対応についての寸劇やロールプレイを行ってきました。感染対策には「100-1=0」の法則があります。これは、100人いて1人でも感染対策ができていない人がいればゼロ、できていないということです。感染対策は決して1人ではできませんが、皆さんの力が集まれば当院の感染対策は鉄壁になります。今後も何か気になることがあればご相談ください。

吉岡 智子

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師には、脳卒中を発症された患者さんとご家族が、それまで当たり前のように送ってきた生活を取り戻すため、障害が最小限となるようケアを実践し、生活の再構築を支援するという役割があります。失った機能を最大限に回復できるような、そして障害に戸惑っておられる患者さんやご家族に寄り添いながら、個々にあった生活を再構築できるような実践を目指しています。また、急性期・回復期・維持期の一貫したケアが提供できるよう、当院でのチーム医療のみならず、急性期病院や地域のスタッフとの連携を密にする必要があります。これに対し昨年より看護師による入院前患者訪問を開始しました。転院前に当院スタッフが訪問し、入院生活の流れを説明し、心配事を聞き、顔見知りになることで安心感が得られるよう支援しています。また、紹介状から読み取れない急性期病院での状態を把握することで、転院直後から始まる生活の援助など的確な看護が提供できるよう努めています。今後も、患者さんの為、スタッフのための活動を行っていきたいと思っています。

河浦 恭子

摂食嚥下障害看護認定看護師

 「口から食べる」ことは単に栄養を得るだけではなく、食べる楽しみや食後の満足感など気持ちの面でも大きな意味があるかと思います。しかしながら、加齢や病気に伴い、食べたり飲み込んだりすることが困難になる症状(=摂食嚥下障害)の方も多くいます。摂食嚥下障害になると、誤嚥性肺炎(水や食べ物が誤って気管から肺に入ってしまい、肺に炎症が起きてしまうこと)や窒息、栄養低下、脱水症状などの原因になります。

 摂食嚥下障害看護認定看護師は、上記のような障害の原因を総合的に分析し、安全な摂食嚥下訓練や、患者様の退院後の生活をふまえたケアを提供します。一人でも多くの患者様から「おいしい」「楽しい」「うれしい」といった言葉を聞くことができるように、食べたいという気持ちに寄り添った看護を提供してきたいと思います。また、退院後も継続して安全に食べることができるよう患者さん・ご家族、今後関わるスタッフとともに最良のケアを考えていきたいと思います。

濵屋 宏衣

認知症看護認定看護師

 2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われており、年々、認知症を有しながら他の疾患のために入院される患者さんが増加しています。
認知症の方は環境の変化への対応が困難であり、入院のストレスや混乱が長期間続くことで、その後の認知機能や身体機能、生命予後に大きな影響を与える恐れがあります。
そのため、私は、認知症の方が生活の中でどのような体験をし、どのようなことに難しさを感じており、どのような手助けを求めているかを考え、さらにその人が生きてきた歴史を把握し「その人」にとっての最も良いと考えられる看護を提供していきたいと思っています。
そのことで患者さんだけでなく、ご家族、スタッフみんなが笑顔になれることを願っています。

荒木真梨子