富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

富山県リハビリテーション病院こども支援センター看護局

おしゃべりタイム

1年を通して感じたこと

 患者さんが一生懸命リハビリに取り組まれる姿を見て、毎日元気をもらっています。
 患者さんは入院が長期になるストレスや、残った障害と向き合っていかなければならないことへの不安など、様々な悩みを抱えておられます。じっくりと時間をかけて話をしたり、何度も繰り返し一緒に練習したりして、少しでも不安が軽減されるように関わることを意識しています。
 入院した時には寝たきりだった患者さんが、歩いて退院される時は本当にうれしく、回復する強さや素晴らしさを感じ、看護師として働くやりがいに繋がっています。

看護師 吉野絵梨

プリセプターとして

 最初は自分がプリセプターで良いのか、新任職員と関係を築くことができるのか不安もありましたが、先輩や同期のスタッフに相談しながら新任職員と関わることができました。
 新任職員にどのように指導すればうまく伝わるか、不安なく仕事ができるかを考えながら関わることで、新任職員だけではなく自分も成長することができました。

看護師 本濃レオ