リウマチ外来

リウマチは、主に40歳代を中心とした中年女性に多く発症し、朝の手のこわばりや全身の関節の痛みや腫れが特徴的な症状の疾患です。治療せずに放置すると、全身の関節に変形が生し、重い機能障害を残すことがあります。

現在、リウマチに対する治療は生物学的製剤等を始め、様々な選択肢があります。早期に治療を行うことにより、重い機能障害を残す症例は減少しております。

もし、上記の症状がありましたら、気軽にご受診ください。

外来診療日

外来診療日のページをご確認ください。

医師紹介

橋本 二美男

橋本 二美男 (はしもと ふみお)

専門分野
  • 整形外科学
  • 手の外科
  • マイクロサージャリー
  • 末梢神経外科
  • リウマチ
プロフィール(専門医資格等)
  • 日本整形外科会 専門医
  • 日本専門医機構整形外科 専門医
  • 日本整形外科学会 認定リウマチ医
  • 日本手外科学会 専門医
  • 金沢大学医学部臨床教授
  • 日本マイクロサージャリー学会 評議員
  • 中部整形外科・災害外科学会 評議員
  • 日本リハビリテーション学会 臨床認定医
  • 医学博士
主な疾患と治療について
手足(指・趾)のしびれ、手・腕・肩などの痛みや違和感、足の変形、外反母趾などの症状の患者さんを診療しています。
多いのは、ばね指や手根管症候群といった疾患であり、特に手をよく使う女性に多く認められます。また、手根管症候群、ばね指、肘部管症候群、骨折、上肢の変形、顕微鏡での神経・血管縫合などの手術や、緊急を要する切断指再接着も積極的に受け入れて行っています。
当院で手術するメリットは、専門医による手術を受けて、転院することなく、手術後すぐに充実したリハビリが受けられることです。
診療にあたって、心がけていること
当院の職員やその家族が病気になったとき、診てもらうなら自分の病院で!と言われる病院でなくてはならないと思っています。
また、手の外科専門医として、手のさまざまな障害、疾患に対し専門的な治療をおこなう病院としてわかりやすくするために「手の外科センター」を設立しました。手の症状で困っていることがあれば、お気軽にご相談ください。
なお、足は手と機能は異なりますが、解剖学的には基本構造は同じであり、腱、神経、筋肉、骨なども類似しています。従って、手の外科センターでは治療対象として、足部疾患も積極的に診療しています。
高田 秀夫

高田 秀夫 (たかた ひでお)

専門分野
  • 整形外科学(関節外科・外傷)
  • 関節リウマチ
プロフィール(専門医資格等)
  • 日本整形外科学会 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会 リウマチ医
  • 日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会 スポーツ医
  • 日本登山医学会 国際山岳医
  • 日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医
主な疾患と治療について
股関節外科、関節リウマチが専門です。
また、変形性又関節症、大腿骨頭壊死、大腿骨すべり症、前腕骨折後の変形治癒などの手術をより正確におこなえるように活用する「骨切りガイド」や患者さん一人ひとりの指や手の関節の形状に合わせて固定できる軽量の「装具」、手術時に使用する「カスタマイズ医療機器等」について、3Dプリンターを使用した研究・開発に力をいれて取り組んでいます。
診療にあたって、心がけていること
患者さんは「自分の親戚」という気持ちで接するようにしています。親や子供など家族のように思うと冷静な判断ができない恐れがあるからです。患者さんと自分の身内のようにフレンドリーに話ができる関係性を築き、親身になって患者さんを取り巻く環境や背景を理解したうえで、冷静な対応ができる距離感を大事に接したいと思っています。
また、模型やパンフレットを使用しながら、できるだけわかりやすい説明を心がけています。