脳神経内科

全身の病気は、神経症状にあらわれることが非常に多いことから、病歴を聴くことは非常に重要です。
まずはどこの部位に病巣があるのかを探る「部位診断」をします。例えば「力が入りにくくなった」という症状には、脳、脊髄、末消神経など、どこに病巣があるのかを考えます。
次に、病気の原因が何なのか「原因診断」をします。急に起こった症状なのか、あるいはゆっくり起こったものなのかなど、経過と神経所見からある程度予測して診断します。
そして、さらに確認するために、MRIや末梢神経伝導検査、筋電図、髄液検査などで補助診断を行います。
頭痛などから脳卒中や脳外傷、てんかん発作など脳の病気、整形外科とも関連してくる脊髄の病気、糖尿病やアレルギーなど全身の病気の合併症としてでてくる末梢神経や筋肉、神経と筋肉のつなぎ目の病気など、さまざまな可能性があります。
脳神経内科は頭から足先、脳から筋肉までの領域を全般的に包括して診る診療科です。

当院の脳神経内科の特徴

脳神経内科の一般的な神経難病の診療はもちろんですが、当院はリハビリ病院なので、麻痺や感覚障害の程度を客観的に診る指標が必要だと思い、磁気刺激装置を導入しました。
脳は両側半球同士が互いに抑制しあっているので、損傷すると反対側が過活動になります。そうするとバランスが崩れて、損傷していないところまで「冬眠」してしまうことがあり、それを刺激することで目を覚ましてあげる治療です。
半側空間無視(視野障害)、自発語がスムーズに発することができない非流暢性失語、ジストニアなどの不随意運動、片麻痺(上肢機能の運動失調)などの改善に活用しています。
最近は、疲労感や睡眠障害などから風邪や鬱かと思って他科を受診後も回復せず、原因不明の症状が続く慢性疲労症候群の患者さんの治療にも用いています。即効性があり、全国各地の患者さんが受診されます。
また、神経難病の中でもパーキンソン病関連疾患の患者さんは非常に多く、当院ではパーキンソン病専門外来も行っています。認知症を伴うパーキンソン病の患者さんも関連して診ています。
高齢社会になり益々増加することが予想され、重点診療領域だと考えています。

そして、ボツリヌス診療も活発に行っています。麻痺のつっぱりや痙縮をやわらげることや、顔面の半分だけ痙攣したり、瞬きが強くなったり、首が曲がってしまうなどの不随意運動が起こり困っている患者さんの治療も積極的に行うようにしています。

運動回路の再構築!~ニューロリハビリテーション~

当院では、障害を受けた脳機能の回復や、それに伴う神経障害の改善を目指すニューロリハビリテーションを行っています。

経頭蓋磁気刺激装置(rTMS)

平成11年から経頭蓋磁気刺激装置を導入し、片麻痺における上肢機能障害、半側空間無視や失語症、ジストニアなどの不随意運動、進行性上肢麻痺や小脳失調症などの患者さんに反復経頭蓋磁気刺激治療(rTMS)を行って います。
平成22年12月からは新しい磁気刺激装置を導入し、さらに改善の効果を高めるためにシーターバースト刺激という新しい刺激法を行っています。
また、最近では、難病の慢性疲労症候群にも盛んに利用しています。

経頭蓋磁気刺激装置(rTMS)

頭の上にあてた電気コイル内に電流を流して磁場を発生させ、それにより脳内にわずかな電流を誘導し、痛みを伴わずに頭の外から脳損傷で弱まった脳活動を高める効用が期待される治療法です。

磁気刺激装置

神経刺激装置(クラヴィス・ボジェクトニードル)

手を開こうとしても開きにくい、肘が曲がるなどの痙縮や、瞬きがとまらない、顔の半側が痙攣する、首がまがる、ジストニア(不随意運動)などの症状があると、日常生活に支障が生じてしまいます。
そのような症状の患者さんにボツリヌス注射をすると、筋肉のつっぱりやこわばりをやわらげ、痙縮による痛みを緩和する効果が期待できます。
注射をする際に、神経刺激装置(クラヴィス・ボジェクトニードル)を使用することにより、薬剤の注入すべき標的筋を探しあて、標的筋のモーターポイントに的確に効率よく施注することを行っています。

神経刺激装置(クラヴィス・ボジェクトニードル)

外来診療日

外来診療日のページをご確認ください。

専門外来

医師紹介

井上 雄吉

井上 雄吉 (いのうえ ゆうきち)

専門分野
  • 臨床神経学
  • 内科学
  • 臨床神経生理学
  • 認知神経科学
プロフィール(専門医資格等)
  • 日本神経学会 神経内科指導医・専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医
  • 日本脳卒中学会 専門医
  • 日本リハビリテーション医学会 専門医・臨床認定医
  • 日本臨床神経生理学会 認定医 (脳波および筋電図・神経伝導の両分野)
  • ICD(インフェクション・コントロールドクター)
  • 難病指定医
  • 医学博士
主な疾患と治療について

神経内科の一般的な神経難病の診療はもちろん、磁気刺激装置を導入し、半側空間無視(視野障害)、自発語がスムーズに発することができない非流暢性失語、ジストニアなどの不随意運動、片麻痺(上肢機能の運動失調)、慢性疲労症候群などの改善に活用しています。
また、神経難病の中でもパーキンソン病関連疾患の患者さんが非常に多く、当院ではパーキンソン病専門外来も行っており、認知症を伴うパーキンソン病の患者さんも関連して診ています。
それから、麻痺のつっぱりや痙縮をやわらげることや、顔面の半分だけ痙攣したり、瞬きが強くなったり、首が曲がってしまうなどの不随意運動がおこり困っている患者さんにボツリヌス治療も積極的に行っています。

診療にあたって、心がけていること

患者さんが良くなって喜んでもらえるとやりがいを感じます。神経内科の病気は診断ができても、進行していく病気が多く、治らないところとバランスを保ちながら、治せる部分は積極的に治療するように心がけています。
薬の加減などでも症状が違ってくるので、まず患者さんの話をよく聴くことを大事にしています。そこから予測をたてて、少しでも患者さんのQOL(生活の質)を良くできるようにしたいと思っています。
そして将来、神経難病の原因が解明され根治療法が見つかる可能性もあるので、それを叶えるために、今後も研究を続けていく必要があると思って取組むようにしています。